協力工場

当社が使用するフランスダックの素晴らしさ

フランスのダックは、フォアグラ用に飼育しているため、飼育期間が長く、羽毛の成熟度が高いため、
嵩高に優れています。
羽毛原料は高騰しておりますが、当社はこだわりを持ってフランスダックを使用しています。

フランスのダック
羽毛の大きさ比較

羽毛原料は、正しい方法で洗浄処理され、衛生的でなくてはなりません。
原羽毛は多くの油脂分を含み、砂やゴミが付着している為です。
汚れ具合に応じて、洗剤で洗浄します。
その後、高温で乾燥、殺菌処理し、冷却除塵します。
その後、風力を利用して、ダウン、フェザー等に分別、袋につめて、日本国内の羽毛の充填工場に送られます。

羽毛の大きさ比較

精製された羽毛は、袋に入れられ、日本国内の工場に到着。
開封され、いったん箱に入れた後、1枚1枚手作業で、側生地に吹き込む。
シングルで20箇所、ダブルで25箇所のマス目に、1箇所づつ、手作業で、丁寧に吹き込む。

袋を開封、箱に入れ直す。 側生地への羽毛吹き込み作業。
袋を開封、箱に入れ直す。 側生地への羽毛吹き込み作業。
羽毛を入れた口を縫い合わせます。 針などが異物が混入していないか、空港にあるような金属探知機で調べ、OKなものだけ、お客様にお届けします。
羽毛を入れた口を縫い合わせます。 針などが異物が混入していないか、空港にあるような金属探知機で調べ、OKなものだけ、お客様にお届けします。

和ふとん工場風景

加工する前の綿です。 機械を通ると、1枚のふとんの大きさに。
加工する前の綿です。 機械を通ると、1枚のふとんの大きさに。
何枚か重ねて必要な重さにして、側生地に入れます。 綿をいれた口を縫います。
何枚か重ねて必要な重さにして、側生地に入れます。 綿をいれた口を縫います。
わたが動かないように綴じます。 1枚1枚検査、検針します。
わたが動かないように綴じます。掛け布団で、18か所、敷ふとんで10か所です。 1枚1枚検査、検針します。

ふとん工場風景

ふとんの大きさにした綿をとります。 わたを側生地に入れます。
ふとんの大きさにした綿をとります。 わたを側生地に入れます。
わたと側生地がずれないように縫います。 生地とわたの縫い合わせ。
わたと側生地がずれないように縫います(コンフォーターキルト)。 生地とわたの縫い合わせ(多針キルト)。
ヘムをつけ、わたを隅々まで固定。 1枚1枚検査、検針します。
ふとんのまわりにヘムをつけ、わたが隅々まで入った状態で、固定します 1枚1枚検査、検針します。

ざぶとん工場風景

わたを吹き込みしやすいように、ほぐします。 ざぶとんの側生地にわたを吹き込みます。
わたを吹き込みしやすいように、ほぐします。 ざぶとんの側生地にわたを吹き込みます。
吹き込んだ口を縫います。 吹き込んだあと綿がすみずみまで入るようたたきます。
吹き込んだ口を縫います。 吹き込んだあと綿がすみずみまで入るようたたきます。
わたが動かないよう綴じます。 1枚1枚検査、検針です。
わたが動かないよう綴じます。 1枚1枚検査、検針です。